引越しの見積もりは数は多くしない方が良い

引越しをできるだけ格安にしたいなら、基本的には比べる方が無難です。各業者の料金を比較した上で、最も格安な所を選ぶという話はよくあります。

それはその通りですが、数には気を付けた方が良いでしょう。負担が非常に大きくなる可能性があるからです。
確かに多くの業者を比べれば、料金が安いところは幾つか見つかるはずです。せいぜい2社程度で比較をするよりも、5社や10社などの数の方が、安い料金の業者も見つけやすい傾向はあります。

ところが時間的な問題が浮上するのです。確かに複数社から見積もりを取れば、料金は安くなる可能性はありますが、その分時間的な負担も増えてしまう傾向があります。

というのも引越しの見積もりは、1社あたりで15分程度は要する傾向があるのです。それで業者の数が増えてしまえば、所要時間も総じて長くなってしまうでしょう。5社に対して依頼をするとなると、それこそ75分程度になってしまいます。その時間的な負担は、少々大きいものです。

ですから引越し業者の見積もりをするにしても、あまり数を多くしない事が肝心です。4社くらいが妥当とも言えるでしょう。
また引越しの業者からの電話対応なども、軽視はできません。たいていは訪問見積もりが行われるので、出張日時の打ち合わせを電話で行うわけですが、複数社からの電話に対応するのもとても大変です。電話の労力をできるだけ抑えるという意味でも、見積もりをする業者の数をあまり多くしない事が大切です。

見積もりの交渉については引越し神奈川のページにも記載されていますので、交渉経験が少ない方はぜひご覧頂くと役立つと思います。交渉とは言えど、相手に対しての印象と言うのは大事なものですので、紳士的な態度というのは重視されるべき問題であると言えます。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ